| | |
 
 
政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
>> 中日交流 >> 本文
日本人研究者の「中國でのスローライフ」 國際的視點で歴史を読み解き、交流促進の架け橋を築く
  ·   2020-01-03  ·  ソース:人民網
タグ: 中日友好;教育;中日交流
印刷
學生と研究內容についてディスカッションする菅原純教授(畫像提供?取材対象者)。

2年あまり前から中國西北部にある蘭州大學で教鞭をとる日本人の菅原純教授は、「ようやくゆったりした生活を送ることができるようになった。ここでは、落ち著いて読書や授業に集中し、學生たちとともに文獻を研究し、民族史の本來の姿を留める作業に打ち込める」と嬉しそうに話した。菅原教授は、まるで架け橋であるかのように、中日両國の大學や研究機関をつなぎ、學術會議や講座、授業などさまざまな形で雙方の交流を推し進めてきた。中國新聞網が報じた。

菅原教授は巖手県水沢市(現?奧州市)の出身で、2017年4月に蘭州大學西北少數民族研究センターの教授に就任した。中國の大學で數少ない外國人の常勤教授の一人である菅原教授が中國で教鞭をとるようになったきっかけは、中國古代史に対する興味だった?!父咝I螘r、日本の作家が書いた『司馬遷伝』を読み、大いに興味をそそられた」と菅原教授は言う。

北京賽車彩票1980年代、中國史を実感したいと考えた菅原教授は中國を訪れた。香港、広州、西安、烏魯木斉(ウルムチ)、喀什(カシュガル)各地を実際に訪ねたことで、菅原教授は思いがけず中國西北部の多民族文化にすっかり魅了されてしまった。そして大學院の博士課程で學んでいた1993年から1995年にかけて、新疆維吾爾(ウイグル)自治區に留學した。

日本へ帰國した後は、東京外國語大學アジア?アフリカ言語文化研究所研究員、國際情報化協力センター主任研究員、東京外國語大學アジア?アフリカ言語文化研究所産學官研究員、東京外國語大學大學院総合國際學研究院研究員を歴任、多くの中國人研究者と知り合い、交流と友情を深めた。

菅原教授が知り合った中國人研究者の一人に、蘭州大學西北少數民族研究センターの王健教授がいる。共通の趣味を持つ彼らは友情を深め、長年の親友となった。2人の教授は、中國語と日本語、ウイグル語の各言語を常に自由自在に切り替えてコミュニケーションを取っている。

2019年、靜岡県立大學の教員?學生が蘭州を訪れ、蘭州大學の教員?學生と交流した際の記念寫真(畫像提供?蘭州大學)。

12次のページへ
シェア:
リンク
 

北京賽車彩票このウェブサイトの著作権は北京賽車彩票にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京賽車彩票日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860號

:
分享到QQ空間新浪微博人人網騰訊微博網易微博0
上海天天彩选4开奖结果查询