| | |
 
 
政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
>> 経済 >> 本文
中國、2019年ホワイトカラーの6割「昇給した」3割以上「負債あり」
  ·   2020-01-03  ·  ソース:人民網
タグ: ホワイトカラー;職場;経済
印刷

中國の求人サイト?智聯招聘が2日に発表した「2019年ホワイトカラー満足度指數調査研究報告」によると、6割のホワイトカラーが2019年に昇給した。また、3割以上が負債を抱えている狀態で、8割近くが「生活費が増えた」と感じ、4割以上が20年について楽観的な見方を示しており、勉強してスキルアップすることが主流の計畫となっている。同調査では中國全土のホワイトカラーを対象にアンケートが実施され、有効回答數は8977件だった。中國新聞網が伝えた。

ホワイトカラーの6割「昇給した」 

北京賽車彩票調査によると、ホワイトカラーの59.6%が19年に「昇給した」と答えた。5%以內の昇給が最多で28.4%だった。一方、29.3%が「給料に変化なし」と答え、11.2%が「減った」と答えた。

北京賽車彩票ホワイトカラーは20年の昇給にも期待しており、調査では58.9%が「給料がずっと変わらない狀態から抜け出すために、昇給を自ら求める」と答えた。

調査では、ホワイトカラーの33.1%が19年に転職したと答えた。18年の38.84%と比べてやや減少した。

経済的環境において不確定要素が充満した19年について、ホワイトカラーの25.6%が「自分への影響はない」と答えた。また、44.9%が「一定の影響があったものの、楽観視している」と答えた。18年の調査結果と比べると明らかに上昇している。

北京賽車彩票報告によると、19年、ホワイトカラーの7割以上がマクロ経済の影響を受けたものの、楽観的な態度を保っている人が増えている。

ホワイトカラーの3割以上「負債あり」 

調査によると、19年、ホワイトカラーの75.6%が「生活費が増えた」と答えた。その原因として、供給が急減したことによる豚肉の高騰で食費が増えたほか、ホワイトカラーはさらなる生活の質の向上を求めており、タクシーを利用したり、よりきれいな家を借りたり、ネットショッピングの利用が増えたりしていることが挙げられる。それらが原因となってホワイトカラーの支出は増え続けている。

また、19年、ホワイトカラーの34.6%が負債のある狀態にあった。18年の21.89%と比べると大幅に上昇しており、生活が貧しく忙しく働く人々が増加していることが分かる。貯金額を見ると、「1-3萬元(1元は約15.6円)」が14.2%、「5萬元以上」が17.0%だった。それぞれ例年同期より低い水準だった。

4割以上が2020年を楽観視 

報告によると、20年のキャリア発展に関して、ホワイトカラーの4割以上が楽観視しており、うち29.9%が「比較的楽観視している」と答え、14.6%が「自信に満ちている」と答えた。一方、3割以上が「不安、心配」と答えた。

20年の計畫に関して、ほとんどのホワイトカラーが勉強してスキルアップを目指し、新たなチャンスを探したり昇進、昇給を実現したりして職場での不安を解消したいと答えた。

そのうち、65.0%が勉強してスキルアップしたい、57.2%が「新しい突破口やチャンスを見つけたい」、51.2%が「昇進、昇給」を目指したいとした。全體的に見ると、ホワイトカラーは新しい年にポジティブな見方を抱き、スキルアップを目指すと同時に、明確な目標を定めている。(編集KN)

「人民網日本語版」2020年1月3日

シェア:
リンク
 

北京賽車彩票このウェブサイトの著作権は北京賽車彩票にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京賽車彩票日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860號

:
分享到QQ空間新浪微博人人網騰訊微博網易微博0
上海天天彩选4开奖结果查询