| | |
 
 
政治 経済 社會 中日交流 文化 文獻 特集
>> 文化 >> 本文
中國の2019年度Kindleランキングが発表、映像作品の原作が好調
  ·   2020-01-03  ·  ソース:人民網
タグ: 読書;映像作品;文化
印刷

北京賽車彩票アマゾン中國はこのほど、2019年度Kindle読書ランキングを発表し、過去1年のデジタル読書のトレンドと読書行為の特徴を総括?回顧した。Kindle電子書籍の売上を見ると、「三體全集」、「長安十二時辰」、「明朝那些事児」が中國人読者の間で好評を博しており、「2019年アマゾン中國Kindle年間有料書籍ベストセラー」のトップ3を占めた。中國新聞網が伝えた。

2019年にリリースされた電子書籍の新刊では、「都挺好」と「顕微鏡下的大明」が「2019年アマゾン中國Kindle年間有料書籍(新刊)ベストセラー」のトップ3に入った。都市別で見ると、北京市、上海市、深セン市はKindle電子書籍購入數のトップ3であり、1人平均購入量が最も多い3都市となっている。

アマゾン中國は2004年から毎年、中國人読者の読書のトレンドを反映した年間ランキングを発表しており、Kindle電子書籍ランキングは7年連続の発表となった。昨年、Kindle読者は読書內容を選択する上で、社會及び文化の注目の出來事から影響を受けたことが読み取れ、映像作品の原作となった本がその映像作品のヒットを受けて販売を大きく伸ばした。

例えば、「2019年アマゾン中國Kindle年間有料書籍ベストセラー」トップ10を見ると、劉慈欣の「三體全集」が1位、「流浪地球-経典短篇選」が5位に入った。さらに、社會生活の現実的な一面に焦點を合わせた阿耐の小説「都挺好」は、同名ドラマが大きな話題になったため、原作であるこの小説も「2019年アマゾン中國Kindle年間有料書籍(新刊)ベストセラー」の1位になった。

北京賽車彩票また、「2019年アマゾン中國Kindle Unlimited月間読み放題ランキング」のトップ10を見ると、文學類が7冊入選している。陳磊、劉慈欣、東野圭吾の作品がそれぞれ2冊ずつトップ10入りしており、トップは陳磊の「半小時漫畫中國史」だった。(編集YF)

「人民網日本語版」2020年1月2日

シェア:
リンク
 

北京賽車彩票このウェブサイトの著作権は北京賽車彩票にあります。掲載された記事、寫真の無斷転載を禁じます。


住所 中國北京市百萬荘大街24號 北京賽車彩票日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP備08005356號 京公網安備110102005860號

:
分享到QQ空間新浪微博人人網騰訊微博網易微博0
上海天天彩选4开奖结果查询